東京2020オリンピック大会に群がる輩

3年前に2020年のオリンピックが東京に決まった瞬間には、正直「どうしよう・・」と期待と不安が入り交じった心境だった。落ち込んだ景気の起爆剤となり、震災からの復興が加速していけばという希望的観測と、現実問題として東京でオリンピックを開催する意味がよく分からなかったし、かつての長野やアテネ、北京のオリンピック後の荒廃ぶりがあまりにも酷い状況だというのは、誰もが知っている周知の事実だったからだ。

都民としては、大勢の外国人が押し寄せてくることへの治安の悪化やテロ、それに伴う厳戒態勢にも似た警備は日常生活に少なからず影響を与えるだろうし、江戸川区民としてはカヌー競技場建設のために葛西臨海公園の干潟を造成するということだったので、元野鳥の会会員としてもこの計画案には反対署名をさせていただいた。(後に競技場建設予定地が中川河口に近いエリアに移動となりました。)

正直、現実の状況を何も知らない人達が、適当に計画をしてるんだというのはこの時点でよーく分かりましたが、案の定、その後国立競技場のデザイン案をめぐる騒動で、あまりにも適当すぎるオリンピック招致委員会の無計画さが露呈する結果となりました。

この会場の問題は、様々な競技にも広がり、もともとの「おもてなし」のプレゼンでは、確か「既存の施設を生かした8Km圏内のコンパクトなオリンピック」を提唱したはずだったのですが、いつの間にか競技会場は東京を抜け出し、千葉や埼玉はおろか静岡県まで広がり、もう東京オリンピックなんて呼ぶのもおこがましいレベルになっています。

そして記憶にも新しい「エンブレム問題」。広告代理店とデザイン業界の不透明な審査が浮き彫りにされたのはまぁいいとしても、そこに多額のお金の流れもあったと思われ、きな臭さが一段と増してしまいました。
そんな、いざこざから信頼回復をと厳正な審査のもと新しいエンブレムが決まったのがつい先月の4月。
新国立競技場のデザイン案も決定し、聖火台を設置する場所の問題などあるが17年1月ごろから工事が始まるようである。

ようやく、大枠が決まり「これで少しは開催に向けて安心して見守れるかな」と思った矢先に、今度は開催地決定をめぐる収賄裏金疑惑問題のニュースが飛び込んできた。そしておまけのように舛添知事の公費の私的流用疑惑までくっついてきて、本来なら熱いパッションで沸き立つオリンピックのはずが、開催まで4年を残してお寒い雰囲気が漂い始めている。

盛り上がってるのは、利権にありついた一部の企業(中には押し付けられて大迷惑と憤慨している人もいるだろうが)とおこぼれににありつこうと蠢めく人だけのように感じる。
東京在住の人間にとっては、高齢者対策の拡充や待機児童対策の方がオリンピックなんかよりも、よっぽど切望しているようにも思う。

体のいいプレゼンテーションで、適当な計画と嘘八百の放射線対策で、よく開催地を勝ち取ったなと思っていたが、ここにも2億円の賄賂が使われていたとなると、JOCをはじめ招致委員会や準備委員会の連中、ついでに都知事も倫理観がなく精神性が欠如している人たちの集団としか思えない。

スポーツマンシップという素晴らしい精神を、実践しているのは選手ばかりで、それを束ねる輩は腐敗し切っている。

かつての日本には侍魂というものがあった。
高貴で誇り高く、己に厳しく、強い意志を持ち揺らがない精神力を持った男の魂。
他人を思いやり、時には自己犠牲を厭わない精神。
それは武士道にも通じ、禅とともに世界中から尊敬される日本人の心の有り様だ。

しかし、今回の東京オリンピックのドダバタ劇を見ていると、そういう日本人のサムライスピリッツは、関係者からは微塵も感じられない。むしろ、世界中から卑下されるような気がして、恥ずかしくなってくる。

オリンピックだけではない。
三菱やスズキの燃費データ改ざんもお粗末すぎて、日本人の仕事なのと呆れかえる。
元来、日本人はこういう姑息な行為に対しては、特に厳しい民族だと思っていたが、もう誰もそんな誇り高いサムライスピリッツを持ち合わせてはいないのかもしれない。

いつの間にか、古き良き「侍魂=SAMURAI SPIRITS」は、欠落し「さむーい魂=SAMUI SPIRITS」になってしまっている。

sign

2016-05-22 | Posted in COLUMNNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment