JAPAN EARTHQUAKE [CLOVER]

大地震が発生するたびに、「人」と「人」の繋がりが重要だと思うことはないし、素晴らしいと思うことだと思う。

被災して困っている人を助けたいという純粋な気持ちが体を動かし、名も知らない多くの人に手を差し伸べる人がたくさんいる。
はじめは傍観者で高みの見物を決め込んでいたような人たちも、彼らの行動に心動かされ、新たな力として動き出しより多くの人を助ける力となっている。
被災した地域の皆さんの気持ちを、自分の事として受け止め、共有し行動できるのはできそうでなかなかできないことである。
そうして、困難から救われた被災者の方々が、次の災害では、援助する人間になり輪が広がっていく。

つらい悲しみを共有してくれる人がいる。支えてくれる人がいるというのは、当事者にしてみればなんと心の救われることだろう。

今回の熊本の地震でも、神戸、福島、宮城、新潟など、過去に大地震に見舞われた地域からの援助物資がたくさん届き、ボランティアが駆けつけている。
こういう助け合いの精神が、これからの社会の基盤になればと本当に期待している。

©BAKAORU

2016-04-27 | Posted in ILLUSTRATIONNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment