東京2020 大会エンブレムデザインについての感想

エンブレムデザイン案-01

【作品名】
「わ」のオリンピック

【コンセプト】
日本を示す「和」と繋がるという意味の「環」をモチーフにデザインしました。
いくつもの「輪(和)」が重なり、集うことで、ひとつの「円(縁)」が生まれ、オリンピックを通し平和が広がっていく姿をイメージしています。
また、パラリンピックは、輪がお互いに支え合あい交じり合うことで「∞(無限大)」の可能性が広がっていく世界観を表現しました。

 

東京オリンピック2020のエンブレムデザインの最終候補4作品が発表された。
4作品を見た僕の感想としては、どの提案が選ばれても前東京大会のエンブレムのデザインはおろか、札幌、長野オリンピックのデザインにも遠く及ばないものとなったと思う。

純粋なデザイン的な審美眼で言えば、佐野研二郎氏のエンブレムデザインのほうが、面白味はないがシンボルとしての完成度は高いと感じる。少なくとも、これまでのオリンピックエンブレムの概念は壊したし、ビジュアルランゲージとしての印象を残せるデザインだった。残念ながら、佐野氏の言い逃れできない炎上によって、彼のデザインは撤回され、広く募集される結果となり、僕のような一般のデザイナーにも参加資格が与えられたわけだが、結果はものの見事に落選ということになった。

落選には慣れっこになって、別にどうということはないのだが、最終候補の作品を見ているうちに「オリンピックエンブレム」としてシンボルになれる要素があるのだろうかという疑問を覚えた。

常々、僕はデザインは余計なものを排除していって、ギリギリのところで表現し、人々に理解を促しコミュニケートする作業だと考えている。その作業は、俳句のようにシンプルだが非常に考えられた奥深いものなのだと思っている。もちろん様々な条件に対応する実用性も存在しなくてはいけないので、そういったところがデザインの面白さであるとも思っている。

佐野氏の騒動後、ネットでは著名人も含め、様々なエンブレムのデザインが現れた。しかし、僕の感覚がおかしいのか、どれも具象的で表現が直接的なまるで中学生の美術の宿題のようなデザインばかりだった。しかも、そういうデザインに多くのネットユーザーからの指示が集まり称賛されていた。(正直、こちらの方が驚いた)
日本のデザインはもっと知的で奥深いのが魅力であり、それは日本の伝統的な文化を基盤としたものだったはずなのに、これがクールジャパンに暮らす今の人間の美意識なのかと僕は憂いてしまった。

炎上の火の粉が飛びちる中で、エンブレム委員会が発足し、広く募集するということになったが、これは一見すると民主的で正しいように見えるが、日本のデザイン界にとっては屈辱的仕打ちを意味している。佐野氏の炎上騒ぎによって、白紙撤回になったデザインの代替案も出せないデザイン先進国のはずの日本のデザイナーたち。佐野氏に負けず劣らずの素晴らしいデザイン思考を持ったプロフェッショナルが僅か100万円でオリンピックエンブレムという後世に残すデザインに知恵を絞るはずもないからだ。

template3

僕自身、デザイン業界の基準から外れた捻れ者で、若い頃は「BAD DESIGNの矢幅」なんてよく言われたものだが、どういうデザインが正しいものなのかは、表現できないまでも、感覚的に理解はしているつもりではいる。だから、多くのデザイナーさんに敬意を払って生きてきたし、憧れも持っている。

自分自身を試すという意味でも、エンブレム委員会の審美眼を試すという意味でも、時間がない中で僕も恥ずかしながらデザインに参加させていただいた。通常のコンペではありえないような応募規定の束縛を厳守して、僕が考えるシンプルでシンボリック、そしてユニークなエンブレムをデザインしたつもりだ。

エンブレムデザイン案-02エンブレムデザイン案-03また、モノクロや単色での使用も考慮し、ハーフトーンは使用せず、モノクロでもインパクトのあるエンブレムとした。
ロゴタイプも、判読性を保ちつつ、全体のデザインを踏襲したユニークなものにし、ロゴタイプだけで使用してもイメージが伝わるように考慮した。

エンブレムロゴタイプ

最終候補4作品が発表後も、動向に注目しているが残念ながら僕がいいなーと思うデザインは出てきていない。
原研哉先生の最初のコンペのデザインは素晴らしいと思うが、佐野氏同様に展開例のプレゼンテーションが、かっこよすぎでなんとなく本来のエンブレムのデザインが誤魔化されてしまっている感じも否めない。

お笑い芸人でもあり、絵本作家でもある西野さんが、ご自身の提案を公開した後、ネットを始め多くのメディアが「天才」と称賛し始めた。天才かどうかは正直わからないが、今回のエンブレム委員会の無茶ぶりに対し矢面に立って立ち向かおうとする姿勢には、大変敬意を持っている。
今回、西野さんの発案した『負けエンブレム展』は常識を覆す非常に面白い試みだと思うし、彼のユーモアさを垣間見ることが出来る。
西野さんの熱い思いとそれを実行する行動力は、素晴らしいと思うし大変共感する。
いつも自信がなく恐る恐る生きてきた僕も彼のように、自分の考えや思いをどんどん伝えていければと思う。

落選通知を頂いてから、自分のページでも発表するつもりはなかったが、彼の人としての行動と面白さに共感し、僕も『負けたエンブレムデザイン』を応募させていただいた。それに合わせ、自分のホームページでも恥ずかしながら公開することとした。

自分自身のデザインの記録とボツ供養になれば良いと思っている。

追記:2016年4月25日
エンブレム委員会よりメールにて「オリンピック、パラリンピックのシンボルマークの権利はそれぞれIOC、IPCが有しています」と連絡がありましたので、公開画像からオリンピック、パラリンピックシンボルマークを外しました。

2016-04-14 | Posted in COLUMNNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment