UTme!でLOVEはつかえません!【続報あり】

スクリーンショット 2015-06-28 10.02

ユニクロのオリジナルTシャツ製作販売サイト『UTme!』
オープン当時は、作家の著作権を無条件でユニクロに委譲するという強引なやり方にクリエーターから散々非難されていたが、いつの間にか反省していたらしい。
最近はイラストレーターやデザイナーの中でも「『UTme!』でTシャツつくったよ。」なんていう話を見かけるようになったので僕もチャレンジしてみた。

UTme!の最大の特徴としては、「スマホ」でしかTシャツのデザイン登録ができないという割り切り方にある。もともと、コンセプトとしてシェイクなどのアクションで画像に偶然性による変化を与えて、「おお、こんなのができた!」なんていう遊びの要素があるため、初めから計算されたクリエイティブ作品をTシャツにするっていうのには正直、ユニクロの設計思想からずれている感じもするが、何にもエフェクトを加えないという選択肢もあるのでそのままの作品をアップできそうだ。

早速、ユーザー登録を済ませた後でMacにある過去のラクガキから適当なラクガキをチョイス。スマホからしかアップできないので、一度Photosに画像を読み込ませてから、iPhoneのPhotosに同期させておく。(このひと手間は面倒くさい。)

グラフィックをつくるから「Picture」を選択して、さらに「アルバムから読み込む」を選択で、先ほど同期した画像を選択するとマスクする形を選べるが、クリエーターの作品にはほぼ無関係なので、印刷最大領域と思われる「長方形」を選択。すると、画像がTシャツ上に配置されたプレビュー画面に切り替わる。IMG_4532

大きさや角度はスマホで使い慣れたピンチでできるが、細かい調整もできないので適当に合わせる程度でOKでしょう。右上の→で次に進むと「シェイクでリミックス!」というフィルターがけの画面に切り替わるが、これも手を加える必要がないのでスクロールして、一番下の「NO RIMIX」を選択します。

これで、デザインは完成。最後に出品ボタンをタップすれば審査画面に進んでいき必要事項に入力して出品申請が完了します。
あとは審査が通れば晴れてネット上で自分の作品が販売されます。

・・・やってみて、わかったけど、このUTme!はやはり開発コンセプト通り、適当に何となく面白いTシャツを作るというものであって、クリエーターへの作品の提供の場にはならないという感じです。

まず、登録画像に透過PNGが使えないので、背景色を抜くことができません。つまり、画像は決められた形でマスクで決められてしまい、マスク内は画像の背景色がそのままになってしまいます。白いシャツに白い背景なら問題ないかもしれませんが、黒いTシャツを選ぶとそのまま白い背景が残った状態となりなんとも間抜けです。

※注)一部のクリエーターの作品は、ちゃんと背景を切り取られているモノもあるので、ユニクロが認めた作家さんなら切り抜き加工してくれるのかもしれません。ちょっと後で確認します。

シャツの種類は白と黒しかありません。ここで恐ろしい事実。黒を選択すると、価格がなんと1000円もプラスされてしまいます。通常1990円のTシャツが、黒になっただけで2990円です。
これにデザイン報酬が300円プラスされますので、販売価格は白で2290円、黒で3290円ということになります。
デザイン報酬は300円固定なので、売れた分だけクリエーターに払い込まれますが、クリエーター自身がマージンを設定できるUp-Tと比べると自由度がありません。自由度という点では一度登録した作品のコメントなどを再編集することもできないので、登録文やグループ設定などは初めからきちんとしておかなくてはなりません。

印刷品質は、現物を確認してないのでわかりませんが、ネットでのレビューを観る限り悪くもないようです。

・・・と書いていたら、今審査結果が届きました。

====================

UTme!をご利用いただき誠にありがとうございます。

大変お待たせいたしました。マーケット出品希望デザインの審査の結果をご報告いたします。
下記の出品番号にて、お客様からのご注文を承りましたが、
内容を確認させていただきましたところ、
出品をお受けすることができないデザイン内容でしたため、
キャンセルさせていただきました。

出品番号:330721
否認理由:権利侵害のおそれ
デザインに記載されている文言の[LOVE]が商標登録されているため

====================

そうきたかー!!(笑)

2015-06-27

 

追記です!

スマホ版しかないと思ってたUTme!には、PC版がありました。http://utme.uniqlo.com/app/
こちらからなら、もっと手軽にアップできるし、背景の透明化もできそうです。ただし、エフェクトは何かしらかけないといけない仕様みたいです。
適当なリミックスを選んでなにもしないで「OK」すればうまくいきそうです。

この記事は続報があります。
こちらも、ご参照ください。ユニクロのUTme!は、全くダメだった(笑)

2015-06-28 | Posted in COLUMNNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment