Lightningマグネットケーブルがよーやく届いたので早速・・

magnetic-cable

クラウドファンディング「Makuake」にて2016年1月17日にサポートした株式会社グローバルオフェンス【iina-いのべ】の「Lightningマグネットケーブル」が139日目でようやく手元に届いた。(Makuakeの支援ページ

この製品は、MacBookのMagSafeのような感じで、iPhoneのLightningケーブルを磁力の力でカチッと接続し充電もデータ転送もできるアイデア商品です。どうして今までなかったんだろうという「コロンブスの卵」的な発想に注目し、3,980円分サポートしてみた。リターンは、3月上旬に製品版を2セットという条件だったが、その後、「独自のアイデア」や「日本製」という触れ込みが虚偽ということが判明したり、製品の耐久性の問題なども重なり出荷が延期に継ぐ延期となり、出資者への支援金の返金による対応などMakuake市場最大ともいっていいほどの「炎上」をしてしまった。
製品の出荷がはじまった現在でも、この炎上は燻り続けている。

僕は、クラウドファンディングなんていうものは、はじめから投資だと思っているので、理想と現実のギャップから生まれる仕様変更は当たり前だと思っていたので、出資者だが敢えて傍観しリターンである製品到着を待っていた。

早速、開封してiPhoneにアダプタを装着してみると、ちょっと違和感。なんかとっても安っぽい。
そうプロジェクトのページでは、銀色に輝く金属のアダプタが黒いプラスチックなのだ。紹介ビデオでも女の子が使っている製品はちゃんと金属質で高級感があるのに、チャイナっぽさ丸出しで「あれれ・・」という感じだ。

なんだかんだ言ってもしょうがないので、とりあえず諦めて充電テスト開始。

IMG_6129まず、アダプタをiPhoneに装着した段階で予想通りの警告メッセージが出ましたが、これは気にせず「了解」をしてしまいます(笑)

あとは普通のケーブル同様に、コンセントアダプタにUSB側を差し込んだあと、おもむろにマグネット端子側をiPhoneに近づけると「シュルシュル〜カチッ!」と接続されました。おお、これは感動(笑)

充電は純正ケーブルと比べると、確かに遅いのかもしれませんが、日常的な充電ならば問題ないと思います。
ただ充電中のLEDの点滅が早く、iPhoneにケーブルを接続したまま使っていると「チカチカ」して非常に鬱陶しいです。Lightningなので裏表ひっくり返して接続できるので、ひっくり返してみましたがご丁寧に裏側まで光る仕様になってました。暗いところで見つけやすいということもあるでしょうが、「Hey Siri !」と呼べば今のiPhoneは点灯するので、このLEDは不要かなと思います。

ケーブルは絡まりにくいフラットケーブルなので持ち回りしやすいし、抜き挿しによるケーブルの劣化や損傷もマグネットなので負荷が軽減されるために長持ちはしそうな感じです。
純正ケーブルは、くるくる丸めてバンドで留めたりして持ち歩いてましたが、このケーブルはマグネットが強力なのでUSB端子側の金属部分にもしっかりくっ付きますので、巻き方を工夫すればバンドなしでも纏めることができます。これは思わぬ副産物かもしれません。

アダプタが「安っぽいプラスチック」という点と「LEDの点滅」は残念でしたが、機能的にはとりあえず問題ありません。
片手でカチッと充電できる使い勝手はとてもいいし重宝しそうです。

magneticreview

 

・・さて、取り急ぎ確認もしたので、充電は終わりにした後に、もう一度「カチッ」というガジェット感を味わおうと思ったら、「あれ??くっつかない!?
よく見ると、アダプタ側の磁石が半分に割れて、ケーブル側の磁石にくっついている!!!

まだ、2、3回ぐらいしか接続してないぞwww

さすが、メイド・イン・チャイナ。
想像通りの壊れやすさで涙が出ます。早速、不良品として連絡し交換品を手配したが、自宅に届くのはいつになることやら。。

名称未設定

 

【2016年6月10日追記】

昨日、6月9日に株式会社グローバルオフェンスiina-いのべ事業部様より、交換品として2セット発送されてきました。交換品は現行品の検査済み品ということで仕様などは同じ製品です。なので、アダプタもやっぱり黒いプラスチックのままでした。僕としては、時間がかかって当然だと思っているので、最終的には金属製のスマートでかっこいいアダプタを待ち望んでおります。炎上処理で大変だとは思いますが、iina-いのべ様には新バージョンの開発を期待しております。

2016-06-06 | Posted in COLUMNNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment